新型コロナ関連検査(自費)のおしらせ

無症状の方が対象で電話予約が必要です。

症状のある方は発熱外来対応で、公費負担(無料)で核酸増幅検査(NEAR法)を受けていただきます。

1)核酸増幅検査(遺伝子検査)

 ❏ 自院検査:等温核酸増幅法(NEAR法)・・・等温で核酸増幅を行います

  ①検体採取:鼻腔

  ②結果報告:約15分

  ③料金:22,000円(税込)

 ❏ 外注検査:RT-PCR法・・・温度を上げたり下げたりして核酸増幅を行います

  ①検体採取:唾液

  ②結果報告:翌日もしくは翌々日

  ③料金:28,000円(税込)

2)新型コロナ抗原検査

  ①検体採取:鼻咽頭

  ②結果報告:約5-15分

  ③料金:10,000円(税込)

3)新型コロナ抗体検査

主な目的は新型コロナワクチン接種後の抗体価が上昇しているか定性検査で検査を行います。

 ①検体採取:採血(ロシュ:IgG, IgM迅速検査キット)

 ②検査結果報告:10~15分

 ③料金:4,000円(税込)

※ IgM陽性は感染初期であることを意味します

※ IgG陽性は、ワクチン接種者であればワクチンで抗体価が上昇したことを、ワクチン未接種者であれば直近の感染・過去の感染を意味しています

  そのため結果によって(ワクチン接種後のIgGのみ陽性以外)は、新型コロナPCRを強く勧めますのでご承知おきください。

 

Posted by tono-clinic.com