施設基準等について東北厚生局への届出

届出内容
 酸素単価
 在宅時医学総合管理料及び施設入居時等医学総合管理料
 情報通信機器を用いた診療に係る基準
 医療DX推進体制整備加算
  診察室等において、オンライン資格確認等システムにより取得した診療情報等を確認して診療を実施しています
  マイナ保険証を促進する等、医療DXを通じて室の高い医療を提供できるよう取り組んでいます
  電子処方箋の発行及び電子カルテ情報共有サービスなどの医療DXにかかる取組を実施予定です
  患者さんの状態に応じ、医師の判断のもと、リフィル処方や28日以上の長期の投薬を行う場合があります
 プログラム医療機器等指導管理料
 医療情報取得加算
  オンライン資格確認を行う体制を有しています
  当院を受診した患者さんに対して、受診歴、薬剤情報、特定健診情報その他必要な情報を取得・活用して診療を行う体制を有しています
 一般名処方加算
  医薬品の供給状況や、令和6年10月より長期収載品について医療上の必要性があると認められる場合に、患者の希望を踏まえ処方等した場合は選定療養なること等を踏まえつつ、一般名処方の趣旨を患者に十分説明いたします
 バイオ後続品使用体制加算
   バイオ後続品の使用に積極的に取り組んでいます
 在宅医療DX推進体制整備加算
  居宅同意取得型のオンライン資格確認等システムにより取得した診療情報等を活用して、計画的な医学管理の下に、訪問して診療を実施しています
  マイナ保険証を推進する等、医療DXを通じて質の高い医療を提供できるよう取り組んでいます
  電子処方箋の発行及び電子カルテ情報共有サービスなどの医療DXにかかる取組を実施予定です
 在宅医療DX情報活用加算
  医療DX推進の体制に関する事項及び質の高い診療を実施するための十分な情報を取得・活用して診療を行っています
  居宅同意取得型のオンライン資格確認等システムにより取得した診療情報等を活用して、計画的な医学管理の下に、4訪問して診療を実施しています
   マイナ保険証の利用を促進する等、医療DXを通じて室の高い医療を提供できるよう取り組んでいます
   電子処方箋の発行及び電子カルテ情報共有サービスなどの医療DXにかかる取組を実施予定です
 在宅医療情報連携加算
  在宅での療養を行っている患者の診療情報等について、在宅医療情報連携加算又は在宅歯科医療情報連携加算を算定する

その他

生活習慣病管理料(Ⅰ), (Ⅱ)について

高血圧症、脂質異常症、糖尿病に関して、療養指導に同意した患者さんが対象です。厚労省は令和6年(2024年)6月1日に診療報酬を改定し、これまで診療所で算定してきた『特定疾患管理料』を廃止し、個人に応じた療養計画に基づきより専門的・総合的な治療管理を行う『生活習慣病管理料』へ移行するよう指示がありました。
本改定に伴い、令和6年(2024年)6月1日から厚労省の指針通り、高血圧・脂質異常症・糖尿病のいずれかを主病名とする患者様で、『特定疾患管理料』を算定していた方は、『生活習慣病管理料』へと移行します。
この度の改定によって、医師が作成した『療養計画書』へ署名を頂く必要がありますので、ご協力のほどよろしくお願いします。
患者さんの状態に応じ、医師の判断のもと、リフィル処方や28日以上の長期の投薬を行う場合があります